美女柳風みな媚びてゆきにけり

妖しさに風も乱るる美女柳


ハンドルも肩の高さや初夏の風


蛍に夢二の女や格子窓


止まれば滝音風に湧き出づる


姉妹ともショートカットや藍浴衣


水替へてプール水泳許さざる


みな摘んで名残の豆の飯を食う


父の日の父の背中の小さな手