久しぶりに仲間との下津井吟行句会に参加しました。

句会場に行く道のT字路を左に曲がるとあざやかなブロック塀に壁画が

・たんぽぽや壁画大きな中学校


案内にあった桜の名所へ

・駐車場ひとつに包む桜かな
・満開の桜の下で待ち合はす
・瀬戸は春沖を動かぬ漁船かな
・鉄橋の音の弾みや瀬戸は春
・鳥交る丘に下津井城址跡
・岬町の風の港や花八分
・花の山瀬戸を隔てて讃岐富士



句会場は坂の上のカフェ

・向ひ風やはらぎ坂の上に花
・菜の花や坂の上なるカフェテラス
・風薫る句会のカフェへ急な坂
・海風を吹き寄すカフェや山笑ふ
・春泥を跳ねるひとかげ蒼き朝

カフェへ入ると私の住む世界と別次元。異次元です。
大音響でのジャズ、クラシック、音楽に無知識な私です。
内装は昭和の「洋風」のカフェなのでしょうね。

・昭和平成令和の春や大時計  
・挽きたての珈琲と風薫る丘

クラシックの静かなメロディーのなかでは
 ・名曲とコーヒー蛙の目借時

最後は情けない句となりました。


私のひとつの記録です。