7月10日、11日と
 
散歩ではありませんが、「尾瀬」へいきました。
 
広い尾瀬湿原を満喫とはいきませんが、隅っこの方を少しだけ歩きました、
 
尾瀬の木道は六十何キロもあるのだそうです。その端の四キロ五キロほど
 
を往復しただけですから。
 
いまは尾瀬を代表する花「水芭蕉」はもう終わりその葉はこんなに大きくなっ
 
ていました。
イメージ 1
 
でも真中に
 
イメージ 2
 
花の後が、、、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも残っていました、
イメージ 7
 
一株の花が、、、、
 
イメージ 8
 
あまりカレントはいえませんが、大きくても花が一株だけでも見れたのは
 
ラッキーでした。
 
いま、尾瀬は、「あやめ」、「にっこうきすげ」、「わたすげ」が咲き誇っていま
 
す。ガイドさんに言わしめると、大体は少しだけ時期をずらして咲くので
 
一緒に見られるのは運がいいのだと言われました。
 
イメージ 9
にっこうきすげ
 
イメージ 10
あやめ
 
イメージ 11
「わたすげ」と「あやめ」
 
 
そして「ときそう」
イメージ 12
 
イメージ 13
 
広い湿原
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
「はっちょうとんぼ」「るりいろいととんぼ」もいますが写真にはちょっと残念
 
です。
 
そして尾瀬の木道
 
イメージ 14
 
イメージ 15
大勢の人が一列に
 
でも今年は地震の影響で人出がすくないそうです。
 
 
イメージ 16
尾瀬沼の山小屋へ運ぶのでしょうか?「生ビール」、、、、、、、、多い人は
 
二百キロほど背負うそうです。
 
 
イメージ 17
神秘的な水の色、、
イメージ 18
青い空に白い雲、、、、、、
 
でも
イメージ 19
黒い雲も
 
 
今日もきっと夕立振りがあるでしょうとガイドさんは言っています。
昨日も午後から夕立で、怪我人もでたそうです。
 
帰りのバスからみるとぐんぐんと黒い雲が広がっています。ツアーの皆さん
 
はお疲れのようで居眠りをなされて入る人もおおく、、、、
 
 
出発までは天気予報では7月10日11日と雨の予報でしたが、幸いにもお天気にめぐまれました。前日9日と11日の午後からはおそらく雨ではないかと。
 
また10日高速を降りる前、、後インターまで2キロというところで事故、車が横転していました。
イメージ 20
イメージ 21
 
あと五分も遅ければ通行止めになってでしょう。その後直ぐにパトカーとすれちがいました。
 
無事に事故も無くたのしい旅をさせていただきました。
 
 
尾瀬湿原はゆっくりと木道を横断したいですね。