2020年11月

2020年11月23日

11月23日

夕時雨たちまち闇の濃くなりて

時雨るるや音を消したる街歩む

小春日や江戸のままある道しるべ

稜線を差し込む日差し山眠る

風軽く音に乾きて朴落葉

落葉踏む「ドレミファソラシ」「ド」は遠く

「ぐー」を出す癖を読まれて冬日向

ポストまで歩く裏路地初時雨

yoihaiku at 11:43|PermalinkComments(0)

2020年11月09日

11月9日


眠る子の両手に握る木の実かな

眠る子の手より零れゐる木の実

塗り残しなき大空や神の留守

せわしなく木々の合間に実る柚子

道の下暗渠の川やクヌギの

フリスビー咥える犬や草紅葉

朝寒や五臓六腑に沁みる白湯   

柿もみじ一葉色濃く落ちにけり

不揃ひの柚子ひとつづつ地蔵仏



yoihaiku at 13:09|PermalinkComments(0)