2020年10月

2020年10月30日

10月30日

交番の白き自転車神の留守

塗り残しなき青空や秋高し

忙しなく木々の合間に実る柚子  

白鶺鴒突如駆けだす裏の畑

四つ折りのスポーツ新聞秋高し  

色づきし言葉と歩む森の秋

警官のマスクの黒や初時雨 

パラグライダー野山の錦はみ出して  

展望台野山の錦迫りくる

一号の木枯らし抜ける街にゐて  

この路地の風知り尽くす四季桜

正装の和服の男児七五三  

黒マスク碁盤挟んで白マスク

yoihaiku at 16:21|PermalinkComments(0)

2020年10月08日

10月8日

芒からすすきへ風のひと呼吸    ・  

口笛の外れる小径花野道

いつもとは違う小路の花野かな

花野なかキャリーバックを引く男

天高く折目正しき時刻表      ・ 

天高く経本折りの時刻表 

秋の海砂にめり込む足の指

穂芒や日の差す雨の降る中に

パラグライダー野山の錦はみ出して  .

塗り残しなき青空や秋高し      n   .

四つ折りのスポーツ新聞秋高し      .

色づきし言葉と歩むの森の秋        .

菓子箱にあふるる色や小鳥くる    ・

 飛び石に不揃い不規則降る木の実   ・

秋霖の街に額縁専門店        ・

着流しで歩く和尚や木の実落つ 

 小鳥くる工事現場になびく社旗

お干菓子のあふるる色や紅葉初む
ひかえめにお干菓子ふたつ萩の庭   ・
相席の話すきつかけ萩に風      ・

折紙の少し上手になりにけり

長き夜に小さき折り鶴上手くなり
 


yoihaiku at 10:17|PermalinkComments(0)