2017年01月

寒晴や颯爽女測量士
  
雪ふれば雪ふる方へ椅子向ける
 
一羽きて二羽きて三羽梅真白
 
探梅や日差し日和のよかりけり
 
侘助の作法通りに落ちにけり

深深と見下ろす港冬苺
 
寒風の土手颯爽と測量士
 
人日や訛り覚ゆる孫の声
 
寒晴や漆喰光る酒造蔵
 
柔らかに丸き形に雪の朝
 
雪降れば雪降る窓へ椅子向ける

御降りや男の下駄の指の跡・・

丘の上覆ふ家並や初茜

人参も大根も花の雑煮かな・・

寒すずめ陽だまり丸くなりにけり

莟とけ紅の露はに冬椿

過ぎ行くは風のみ冬の月昇る・・

目覚むれば部屋には冬のあるばかり

イメージ 1


猿さんより引き継ぎました。

イメージ 2

よろしくお願いいたします。

イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5

あけましておめでとうございます。

↑このページのトップヘ