2016年11月

小春日の中へ跳び出す昼休み
どの部屋も障子きれいに閉めてあり
筋雲に彩を移して柿落葉
四つ這ひに拾ふ落葉に遊ばるる
大根の葉もゆさゆさと貰ひけり

イメージ 1

こんなにも小鳥の自由枯木立



帰り咲く小さな花や陽は丸く


冬雲の揃つて丸くなりにけり


小春日和の踊る影より子らの声


縄跳びや小春の中に跳ねる子ら


小春日やかくれんぼうの鬼の声


小さく咲きまあるく光るかえり花



イメージ 1
月の出です。

イメージ 2

スーパームーンと言われています。昨日が満月でしたが、あいにく雨でした。今日は十六夜ですが、、、、六十何年ぶり次回は18年後とかそうするとこんな月はもう見ることはないのですね。

月々と月ある月は数あれどスーパームーンはこの年の月

文机の灯り豊かに冬に入る
稜線に幾つ峠や冬はじめ
こんなにも小鳥の自由枯木立
干し柿の里より届きぶら下げる

はいと出すお茶の温もり棗の実
ふるさとの訛りのなかに吊るす柿        
古里の周遊バスや柿たわわ
向き直り駆け出す鶺鴒一直線
根本より刈る枯葉菊一抱え

↑このページのトップヘ