2016年03月

イメージ 1

イメージ 2
先日ご近所さんに桜を頂きました」。
昨夜は一二輪咲いていましたが、今朝はもう四五分咲いています。

もうあちらこちらで桜の開花宣言がでていますが、これから一気に咲くのでしょうね。

舫ひをりいかなご船に瀬戸の風
 
 
春の川ならむ指先浸けてみよ  ・
 
 
初ねかな肩に穴ある仁王像
 
天心の飛行機雲や山笑ふ
 
 
春雷や体温計はぴぴぴぴぴ
 
 
関はらず輪に舞ふ鳶や鳥雲に
 
 
初蝶の来て去り何もなき小庭  ・

せせらぎをいくつ集めて春の川
母の息わたしの息やしゃぼん玉
囀や小児科院の鬼瓦
見晴るかす瀬戸の島々春霞
廃屋の庭の乱れや落椿

せせらぎをいくつ集めて春の川
昭和史のもてはやさるる雛の市
手ほどきを受けて作りし雛かな
似た様な顔もきりりと雛の市
商店の灯りに積もる春の雪
母の息わたしの息やしゃぼん玉
囀や小児科院の鬼瓦
見晴るかす瀬戸の島々春霞
廃屋の庭の乱れや落椿

海光や春の眩しさ連れ来たり ・・
 
 
路地抜ける城下町並み雛の市
 
 
朝方の雨降り続く雛の市  ・・
 
 
子らは手の影もひろげて春の雪 ・・
 
 
あと一つ駅を過ぎれば春の海 ・・
 
 
単線の二両電車や春の雪  ・・
 
 
春光に赤く透けたる猫の耳 ・・

↑このページのトップヘ