2016年01月

口笛も風とひとつに春隣
幼子の靴は空色春に入る
厄落したまたまたまと云ふ事に
海光る冬の日差しを独り占め
蝋梅の形となりし光かな
蝋梅の内に影あり昼の月
風さへもつれなく通る枯れ柳
冴え返る言葉少なにぬかる道
朝が来た小さな春の隣にも
青空の日差しに高く冬木の芽

白息の温みをぐっと握りしめ
寒夕焼け白鷺群るる楠大樹
屋上より寒禽の群れ俯瞰する
降る雨の白くに変り寒に入る
凍鶴の首に右利き左利き
水仙や目線に高く続く尾根
ルルルルルルルルルルルル初電話

寒いけど歩いてみると
イメージ 1水仙

イメージ 2
菜の花

イメージ 3
薔薇の花

イメージ 4黄梅

イメージ 5
侘助

イメージ 6
桜と椿

イメージ 7
桜とさくらんぼ

イメージ 8
そして最後は蝉

枯れ枝にしがみついている蝉の骸でしょうね、

ビックリポンです。

どの屋根も等しく美しき霜の朝
どの屋根も等しく霜を被りけり
手袋に温み残して脱ぎにけり
電柱に必ず戻る寒鴉
平穏な暮らしに幸やシクラメン
縦横に電線走る初茜
初針やパッチワークに箆の跡
冬の川鷺は歩いて渡りけり

注連縄の稲穂啄む雀かな


↑このページのトップヘ