2014年04月

雨音に目覚めし朝や花水木
 
青空に解くや開くや花水木
 
新緑に朝のひかりの隔てなし
 
新緑の風にたたずむ軒端かな
 
新緑を広げ岬の観覧車
 
落ちさうな巨岩奇岩や山つつじ
 
薫風のベンチに帽子置きしまま

空淡く染めて若葉の風のあり
 
影もまた尾を跳ね上げる鯉のぼり
 
新樹光神のこもれる大樹より
 
格子窓わかばの風の吹き抜くる

老鶯の仕上げの声や里の道
 
少年の声固まつて風ひかる
 
三年生こゑ真つ直ぐに風光る
 
落花みな汐入川に集ひけり

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
どの道をゆくも桜の只中に      くまさん
あの道もこの道ゆくも花の中     くまさん
どの道も花々々の道ばかり      くまさん
 
 
三日見ぬ間のさくらかなといいますが、、、本当ですね。
 
三日前は
イメージ 4
 
こんなものだったのに、、、、、、、
 
もう一輪まだ一輪とさくら咲く     くまさん    
 
 

↑このページのトップヘ