2013年04月

新緑の古刹巡りや透ける空
花苗や小さなスコップ働かす
ベランダの小窓に遊ぶ花の風
一年生白線太く引き直し
新緑のなか一軒の我家かな
尾根道を揺らして春の嵐かな
満開の記事を選びて雛納
人影を明るく染めて花の影
人はみな花の駅より乗車して
街よりもちょつと大きめ鯉幟
大き目の制服帽子一年生

一本の薔薇を近づけ離し見る
つなぎ来し手を振りほどき野に駆ける
春うらら飛行機雲の縺れ行く
天も地も家路忘るる程の花
白木連の届く二階の小窓かな
菜の花や雀フェンスの裏表

さくらさくさくらさくさくさくらさく
優劣のなく卒業といふ証書
会釈して会釈してゆく彼岸かな
笑ふ山より一本の大樹かな
知らぬ子も一緒に駆ける春野かな
蒼空の色を透かせて紫木蓮
透明な風を透かせて紫木蓮
筍や貰ひやすくて持ちにくく

くまさんちのさくらも満開になりました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 

↑このページのトップヘ