2012年04月

満開の桜の端に駐車する
瀬に別れ澱みに集ふ落花かな
いつもより少し上向く花堤
桜散る風語るやう掛けるやう
二階より窓辺の桜眺めをり
風そよぐ花に光の集まれり
満開と見へし時とも散り初めと
満開と見へし桜か散り初めと
満開の桜と見へし散り初むる
空淡く染めて若葉の風のあり
枝折戸を押して若葉の風となる
風そよぐ若葉の光かへしつつ
幾重にも幾重にも風若葉かな
城址をめぐる風あり若楓
山郷の人よす一本桜かな
木立より色突き出して桐の花
 

糸電話はなし中です四月馬鹿
引越しのトラック帰るげんげ道
初桜妻と内緒の散歩道
柔らかに両膝ついて蓮華摘む
うぐゐすの声を水面に映しけり
水面へとうぐゐす声を映しをり
二階窓桜開花の予報かな
初恋も別れも同じ花の下

堰越えて春の水音盛り上がる
春泥やバスに乗り来るスニーカー
初蝶の風柔らかに日を誘ひ
春疾風押しピン残る掲示板
つばめ来る街に電線消えてなほ
川魚の動き軽やか春の水
満開や河津桜と聞けばなほ
春光を離さず回る風車
牡丹に傘差し掛ける日差しかな

先日みてきた散歩コースの桜今日はここまで咲いていました。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
きれいに咲いています。四分、五分咲きでしょうかね。
 
明日、あさっては沢山の花見客でしょうね。
 
また満開のときに行ってみたいです。

桜はもう咲いているかな????と散歩にでかけました。
もう今にも咲きそうになっています。
イメージ 1
 
もう少し探してみると
イメージ 2
 
すこし咲いています。一本だけですが。
イメージ 3
一分咲きでしょうか。
あと一日か二日暖かければ一気に開花でしょうね。

↑このページのトップヘ