2009年09月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 ローザンヌ市内へそしてレマン湖、シオン城へ  レマン湖沿いにはぶどう園が山の頂上まで

 段々畑になっていてとてもきれいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 
 九月十三日ツエルマットより汽車でシャモニーへ、そしてロープウェイで三千八百四十二メートル

 のエギュ・ドゥ・ミディ展望台へ   このロープウェイはちょっとスリルがあります。

 そしてエレベーターで三千八百8八十八mまで上りました。


 そしてアルプス最高峰4千8百07mの<モンブラン>の雄姿を、、、、が霧がまって姿が

 みえません。方角が分かりませんが展望台より右手半分は霧、左手半分はお天気です。


 風が舞うと一瞬に目の前が見えなくなります。目の前の岩山に上っていた人さえも、、

 また雪?霙も舞って来て残念ながらあきらめるしか、、ガイドさんも今日はちょっと

 だめでしょう。本当に一瞬のことで山の天気は変るのですね。まあ、これだけでも

 見えたのですから満足としましょう、山の天気が四日続いて良いなんて幸せです、


 ガイドさん曰く<来週はお天気が崩れますよ>  本当に帰ってからお天気予報見ると

 ずっと雨、曇りマークです。


 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 さて、次の日の朝また朝焼けのマッターホルンに挑戦です、この日は昨日に比べて

 橋の上に観光客が少なかったのです。

 少し雲が出ていましたが、昨日よりはすこしましでしょうか??



 そして、ホテル、、また町並み(このようにどの家も窓にお花が一杯です、もちろん

 ホテルの窓にも)


 そして今日はモンブランへ
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 マッターホルン観光後一駅登山電車で下りてハイキングです。

 お天気がよくて逆さマッターホルンをゲット!!です。



 午後からは場所を変えてクラインマッターホルン展望台へその間にお天気がすこし、、、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 朝食を済ませマッターホルンの見える標高3131mゴルナークラード展望台へ

 登山電車で、電車のなかでは、マッターホルン雲に隠れたり、また姿を見せたり

 でも展望台着くとまあまあのお天気です、これで文句を言ったら罰があたります。

 展望台よりのマッターホルン、そこで一行の記念写真をぱちり。

  標高3131m




 (この記念写真、後日談、  この写真あくる日、バスでホテルを出発の時メイドさんが

  忘れ物です、????号室の方って届けてくれました。添乗員さんが誰々さんといって

  渡しましたが、あくる朝私持っていますとその方が、添乗員さんが皆さん今晩も一度確かめて

  くださいって、誰でしょうねとくまさんおくさんと云っていたのです。てっきり私達は旅行

  カバンの中にしまいこんでいる!!ってところが最後の夜荷造りをしなおしていると、写真がない!

  申し訳ありません、私達の写真です。この間添乗員さんに写真を持たせていました。)



 

↑このページのトップヘ