汗拭ふ白き額やヘルメット
梅雨の晴れ羽絡ませる二羽の蝶
噴水やパンツひとつの子らがゐて
蝶一羽憩ふ場所なき驟雨かな
片肌を脱ぎてたばこの旨さかな  
   片肌でなく(両肌を脱ぎてビールの旨さかな)の方がよいのかな?
朝涼や肩にひと粒軒雫
干し物を入れる間もなく大夕立
子豚連れ乙女日傘を差してをり
 先日散歩をしていたら、曲がり角で娘さんと
 鉢合わせになりそうになりました。
 犬を連れ散歩かとおもったら、なんと子豚を
 連れていたので、びっくりです。
 いろんなペットを可愛がっているとはテレビでみたり
 していましたが、私の近くにも豚をペットにしている
 人がいるとは!!!!

  蝶は一頭 二頭と数えると教えられました。

下駄の緒を濡らして過ぎし青しぐれ
大夕立水琴窟の音を消し
牡丹や一夜の風に崩れ落ち
紫陽花や首持ち上ぐる雨の音
渦潮の上に立ち居り青葉風
老鶯や童子仏も笛を持ち
軒下にはや子燕の声もなし

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

梅雨の晴れ間 なんと蒸し暑いのだろう、家にじっとしていても汗が出るようです。

仏壇の花を買いに行ったら、(花屋さんは私の小中学校の同級生ですが)、そこでちょっと話し込んで

きました。花屋さんの班内も私のところと一緒我々よりお年寄りばかりだそうである。

何事につけても役どころが回ってくるとの事。これからどうなるかと??

同級生もあれが病気だあれは奥さんが旦那さんが亡くなったと花屋だけによく知っています。

お互いに健康だけには注意してうまいものを食べようではないかと話してきました。


少し散歩していたら先日まで栗の花が咲いていたのに今日見たら栗の実がついていました。

また海紅豆の花を見つけました、近所のお医者さんの所に二本ありました。

こんなところに植わっているなんて思いもしませんでした。

近所を歩くときにはよく周りを見て歩きたいと(でもこのごろは余りキョロキョロしていると変質者

と思われます。)でも木の名前も花の名前もよく知らないのです。

解体の見積もりをお願いしました。どこで家を建てるにしても工場を解体してそこを一メートル地上げを

しなくてはなりません。取り合えず解体と土留め<コンクーリート>を立ち上げて土を入れていなくは。


予定では来年三月の中ごろ遅くとも末には家が出来、旧家も解体をすませ、塀をすませ、庭工事も

すませてしまう予定です。

市との地面の線引きも昨日すませました。家を建てるといってもそれまでに沢山の用事があるのですね。

↑このページのトップヘ